光洋自動機株式会社 次代を駆けるラベリングマシンのファーストランナー

オンリーワンの高い技術力でさらなる独走へ

新型ラベルテーブル制動装置

(ロールラベラー)特許申請中
ラベル残量径を利用した制動方式を採用。ラベルテーブルの回転を制御する全く新しい方法です。従来はラベル引き出し張力変化調整スリップ防止装置(ラベルテンション装置)によって制動性能のばらつきを補正していましたが、急激な停止時などには、ラベルテーブルの惰性回転が発生する場合があり、その時ラベルが過剰に引き出され、ラベルテーブル上でたるみが発生する場合がありました。なおかつ、ラベル残量が少ない条件が重なり急激な(超高速)再運転をすると瞬間的にラベルへ過大な張力が働き、ラベル破断やラベルがスリップしてラベルの供給タイミングがズレてしまう事がありましたが、この新装置によりラベル破断やラベルスリップを解決しました。
新型ラベルテーブル制動装置(ロールラベラー)
新型ラベルテーブル制動装置
(ロールラベラー)

新型ラベル引き出し張力変化調整スリップ防止装置

  (ロールラベラー・タックラベラー)特許申請中
従来は複数の空転式スライドガイドローラにラベルを巻き掛ける方法でしたが、新装置は、コンパクトなガイド枠の上流と下流にラベル圧着送りローラを配し、ガイド枠の下に補助送りコンベアが走り、その上を張力が作用しない未切断ロールラベルが、不規則な蛇行形状で貯留ラベルとして大量に貯留でき、ラベル貯留状態をいつも一定に保つように検知制御します。それは下流のラベル圧着送りローラ回転速度と貯留状態を基準にした上流のラベル送り回転速度の増減制御を実現することにより、上流のラベル圧着ローラで引き出し必要力量が変化するロールラベルをおおまかに引き出し、下流のラベル圧着送りローラ部(ラベル補助送り装置)では張力が無いラベルを送る事ができ、よりシンプルな構造で、これまで以上の超高速化を実現し、マシン全体の省スペース化を実現しました。
新型ラベル引き出し張力変化調整スリップ防止装置
新型ラベル引き出し
張力変化調整スリップ防止装置

新型ラベルカット装置

 (ロールラベラー)特許申請中
従来のラベルカット装置は固定刃が全く動かず、ラベルを正確な長さに連続切断するには回転刃と回転刃上流のラベル圧着送りローラに、それぞれのサーボモータを使用しラベルを切断する仕組みでしたが、2つのサーボモータを使用せず、ラベル切断時には固定刃を固定状態に保ち回転刃との間で切断し、切断しない時には回転刃を止めず回転させたまま、固定刃を逃がす事により切断不能にするよう構成されているため、ラベル切断が瞬時に再開する事ができ、回転カッターとその下流のラベル移送ドラム間にRガイド板を配設し、ラベル進行の誘導とノズルからのエアをRガイド板に沿わせ、移送補助力を与えています。また、ノズルからエアを固定刃と固定刃から離隔する方向に向けて噴射しますが、切断済ラベルが、ラベル移送ドラムに受け渡して吸着開始時点から、次のラベル切断直後まではエア噴射せず、ラベル切断直後の一定期間だけ噴射設定し、ラベルを強制的に固定刃から引き剥がし、なおかつ固定刃とその上流のラベル圧着送りローラ間のラベルに、弱い張力作用が生まれるため、ジャミング防止に役立ちます。この装置により、従来の装置は固定刃と回転刃の間での切断時、極短時間ラベル供給が停止するためや、超高速運転時の樹脂製フィルムラベル切断は、固定刃にラベル先端部が当接、付着しやすかった事による、カット装置とその上流のラベル圧着送りローラ間でのジャミングが解決し、さらなる高速切断ができ、超高速運転と樹脂製フィルムラベルの高速使用が実現しました。
新型ラベルカット装置(ロールラベラー)
新型ラベルカット装置
(ロールラベラー)
 
Copyright ©2007 KOYO Automatic Machine Co.,Ltd All Rights Reserved.